注目キーワード
  1. 中学生
  2. 数学
  3. 英語
  4. 勉強法
  5. 理科
大牟田市・荒尾市発のネット学習塾

当塾の英語特化型コースの特徴とその役割

本記事は当塾の英語特化型コースの特徴とその役割について説明した記事です。

英語特化型コースの特徴と役割

北田塾の英語特化型コースでは、

  • 発音練習
  • 多読
  • ボキャビル
  • EOP(授業内、メール等英語縛りルール)

カリキュラムにより総合的な英語力を養います。

このカリキュラムはどの年代の塾生に対しても適用されます。

幼稚園生であろうと中学生であろうと、社会人であろうと、

4つのコア訓練には取り組んでいただきますし、EOPが適用されます。

どの年代の人であろうと、英語で話す英語でやりとりをするということをやっていただきます。

指導日と時間は設けているが授業は原則行なっていません。

このカリキュラムで運営していますが、

当塾は、英語特化型コースの小学生、幼稚園生以外には一切の授業を行っていません。

ではまず授業を行っていない理由について説明します。

授業を受けても訓練をしなければ英語は伸びない

小学校から大学まで英語の授業を受け続けた人の英語学習時間数は余裕で1500時間を超えています、(試験勉強、受験勉強まで含む)

でも現状は1500時間英語の勉強をしたとしても、

  • 聞けない
  • 読めない
  • 話せない
  • 書けない

状態となっています。

(正直なところ、日本の英語の授業で英語の力がつくのであれば、今頃全ての日本人は英語がペラペラです。)

それはなぜなのか?

日本の英語教育でさる文法中心、読解中心、英文解釈中心の授業は、英語を学問的なものとして捉えており、英語を道具として捉えた教育ではありません。

“この英語を学問的に学びましょう”のスタンスの英語の授業(文法中心、翻訳中心)を1500時間受けたとしても英文の分析はできるようになりますが、英語が話せたり、聞けるようにはなりません。

残酷ですが、それが現実です。

ですから、原則として授業を行わず、自分で訓練ができるような良質な環境の提供にフォーカスしたカリキュラムや学習システムとなっています。

英語力をつけるには毎日の訓練が大切

英語力は年齢には依存せず、英語をどれだけインプットして、英語脳を鍛え、どれだけアウトプットして、表現の幅を磨いてきたかによります。

つまり、英語力をメキメキとつけたいのであれば、毎日数時間英語と向き合う必要があるのです。

週に一回の授業を受けたから、英語が伸びるわけではありません。

毎日家庭で自主的に英語の訓練をするから、英語の力がつくのです。

あくまでも当塾で定めている指導日や指導時間というものは、学習のペースメーカ的な存在にしかならないのです。

児童や小学生に対しては、授業を行なっています。授業を行っていますが、あくまでも日々の学習の成果を授業という形で確認していく場です。英語学習への強制力はある程度持たせています。

指導日は学習のペースメーカー的な存在

塾ですので、塾生は必ず出席しないと固定の指導日と時間帯が決まっています。

また、週末は早朝から希望者のみ英活部の活動を行っています。

  • 1人で英語の学習を続けることができない人
  • モチベーションでやったりやらなかったりを繰り返してしまう人
  • 勉強の仕方がわからない人
  • 勉強の習慣がない人

が、塾に入塾することで、学習の習慣を獲得できるようになるのです。

週に一回

  • 小テスト(英単語)
  • ブックレコードの提出(多読用)
  • 発音の録音(発音練習)
  • + アルファ課題の提出

を義務つけていますので、英語に向き合わざる環境が当塾では整っています。

授業は学習法相談の場として活用

指導時間中は、

  • 小テスト
  • ブックレコードの提出
  • 発音の録音と提出
  • +α課題の提出

を行っていただいています。

授業時間内(一時間半いない)に終わらなかったら居残りして提出してもらっています。

それが終わった塾生は、学習相談や日頃の悩み相談、質疑応答、自習に取り組んでいます。(全て、英語でのやりとり)

とくに英語学習相談では、塾生一人一人が取り組みやすい学習法や教材の提示を行っています。

(英語の学習法はたくさんあり、どれが本人いマッチしているのか試すまでわかりません。)

授業は学習の振り返りの場所として活用

英語特化型コースの塾生には、

学習管理のためのスプレッドシートをドライブ上で共有しています。

基本的には、毎日の学習状況を継続して記入していただいています。

そのスプレッドシートを確認しながら、

  • マンネリ改善
  • 現状打破

などの英語学習コーチングも授業時間中に行っています。(もちろん英語で)

(ドライブで資料の共有をしています。また、課題の提出も全てドライブからしていただいています。)

塾のシステムを使い倒す

英語特化型コースの塾生は、

  • オリジナルフラッシュカード(ボキャビル用)
  • 英語学習法のドキュメントのまとめ
  • 各種ワークシート

を自分でダウンロードして活用することができます。

英語学習法につまれば、ドキュメントを参考にして自分で改善をしたり、ワークシートを使ってセルフコーチングを行うこともできます。

土日の早朝には、英語学習が習慣化になるための英活部の活動も行っています。

塾のシステムやサービスは日に日にアップグレードしていますので、ぜひ塾のシステムを使い倒して欲しいと思います。

以上が当塾の英語特化型コースの特徴と役割です。

フォローお願いします。