注目キーワード
  1. 中学生
  2. 数学
  3. 英語
  4. 勉強法
  5. 理科
大牟田市・荒尾市発のネット学習塾

当塾でEOP(英語縛りルール)を設定している理由[英語が話せる英語塾]

当塾の英語特化型コースの塾生はEOP(英語縛りルール)が適用されています。

EOPとは、English Only Policyの略語で可能な限り英語で話そう 。

というルールです。

このEOP

  • 海外の語学学校
  • 結果にコミットした英会話スクール

でよく設けられているルールです。

本日は、なぜ当塾の英語特化型コースにEOPを設定しているのかについて説明していきます。

当塾でEOP(英語縛りルール)を設定している理由[英語が話せる英語塾]

アメリカ, 書籍, ボックス, 辞書, 英語, 言語, 学習, 学校, 学校用品

 

実は、私がEOP(英語縛りルール)を設けている理由は、私の原体験と英語が話せるようになったきっかけからきています。

一石二鳥で勉強したい

私は、これまで学生時代に

  • フィリピンへの語学留学
  • 海外インターンシップ
  • トルコ・ポーランドへの研究留学

を含めると、トータルで一年と一ヶ月ほど海外で生活していたことがあります。

海外で生活しているときは、

完全に脳が英語モードになっており、日常的に使うことから英語がスラスラと出てきます。

しかし、日本に帰国して数ヶ月たつと英語のスピーキングの瞬発力が徐々になくなってきます。

これは私だけではなく、留学して帰国したほとんどの日本人が経験していることです。

(もちろん、数日間英語浸けの生活を遅れば瞬発力は戻ってきますが、、)

話し続けないと、スピーキング力は落ちてしまう

このようなことを何度も経験しました。

せっかく英語モードになっているのに、また戻ってしまう。

これが嫌で嫌でしょうがなかったです。

日本にいて英語力を維持するには、

  • シェアハウス
  • 毎日オンライン英会話をする
  • 英語を使う仕事につく

これくらいしか解決策はありません。

それなら、英語で全てが完結する場所を作ろう(オールイングリッシュ)。

そして、かつ塾生の英語力が包括的に伸ばせるのであれば吉。

これらの理由からEOPを設定しました。

これがEOPを設定した一つ目の理由です。

日本人と英語で話せるようにならないと誰とも話せるようにならない

日本人にとって、最も英語が話しやすい人は同じ日本人です。

完璧主義な傾向にある日本人は

  • 発音
  • 文法

を気にしすぎる傾向にありますが、同じ日本人同士であれば、

  • 細かな文法の間違い
  • 細かな発音の違い
  • 細かなニュアンス違い

なんて気にせず英語を話すことができます。

(だって日本人とって英語は外国語ですから。)

文法・ニュアンス・発音を必要以上に気にしなくていい環境が日本人にとっては一番英語が話しやすい環境です。

一番話しやすい環境で英語を話す練習をすると徐々に、スピーキングへの

  • 不安
  • メンタルブロック

が消えていきます。

英語を話すときに緊張しない方法[5stepsでメンタルブロックを外す]

逆にいうと、このような環境で話さないのであれば、いつまで経っても英語は話せるようになりません。

(日本人だからこそわからないところは日本語で話してもいいですし、単語を繋げるだけでも会話は成り立ちます。)

今現在英語を学び直している社会人の塾生さんがこのようにおっしゃっていました。

この塾では英語を頭から捻り出して話すということをしないといけないので大変です笑)。ただ覚えたものはどんどんと使う環境にあるから”覚えたら使う”を徹底することができます。
実はこの方も、
  • 文法は完璧にしないといけない

と思っていたようですが、徐々にそのような感覚は薄れてきているそうです。

塾生にこのような場所を提供したいという思いがありました。

“覚えたら即使う”これを意識して欲しい

先ほども書きましたが、

覚えたら、即使う

英語のスピーキングを上達させる上では欠かせないマインドです。

英語が流暢に話せるようになるには、

  • 英語脳の育成
  • スピーキングパターンの蓄積
  • 使える表現を増やす

これらをしていかないといけません。

そして、

覚えたら、即使うマインドは

英語を話す環境にいないとできあがりません。

英語を強制的に話さないといけない環境にあるからこそ、表現を覚えたら、即使うマインドが作られます。

英語オンリーの塾にすることで、覚えたら即使うマインドができやすくなります。

桟橋, ボート, 海, 日没, 船, ポート, 容器, 海景, 港, ウェイマス

 

  • かっこいい表現
  • おしゃれな表現

をシェアし合う。

このような能動的に高め合える環境できれば素敵だなと思います。

英語を話すと楽しい!!

当塾のカリキュラム

  • 発音練習
  • 多読
  • ボキャビル

に沿って英語を鍛えていくと、表現を覚えなくも徐々に口から英語が出るようになります。

そうなると、

英語を話すことが楽しくなってきます。

全く話せない状態から、徐々に英語が口から出るようになって、さらに流暢性や正確性も上がっていく。

楽しくないわけがありません。

あんなに英語を話すことが嫌だったのに、めちゃくちゃ楽しい。もっともっと話したい
このような感情が湧いてきます。
そうなると、英語を話すことができる場所は欲しくなるのです。
英語が話せるようになってきた塾生のスピーキング力をさらに伸ばすためには、英語が話せる環境にいた方がいいです。
これもEOPを定めた理由の一つです。
オールイングリッシュの英語塾。日本にはほとんどない形態だと思いますが、英語を学ぶにはうってつけな環境だと感じます。

最後に

私がEOPを定めた理由は、

  1. 一石二鳥(英語が伸びやすい)
  2. メンタルブロックの解除
  3. 覚えたら即使うマインドの形成
  4. 話せるようになり始めた塾生へのスピーキングの場の提供

です。

  • EOPが嫌
  • 英語話すことが恥ずかしい

少なからずこう感じてる塾生もいます。入塾を検討されている方でもこのように感じている方は多いでしょう。

でも、

英語は言葉です。

言葉だから鍛えれば話せるようになります。

  • 才能
  • 適正

そんなのは必要ありません。

必要なのは、

  • 学習の継続
  • 話せるようになるまで諦めない根性

です。

大丈夫。

努力すれば必ず話せるようになりますよ。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

フォローお願いします。