注目キーワード
  1. 中学生
  2. 数学
  3. 英語
  4. 勉強法
  5. 理科
大牟田市・荒尾市発のネット学習塾

勉強の習慣化。(才能なんて関係ない。必要なのは勉強筋肉だ)

自分には勉強の才能がないんだ。
暗記パンが欲しい(ドラえもんのポケットから出てくるあれ。)
と落ち込むことも中学生、高校生のうちは多々あります。
たまにいますよね、、
  • 全然勉強してないように見えて、めちゃくちゃ点数が高い人

私も中学生の頃はそういう人を羨ましく感じていました。

才能っていいよな。何も勉強しなくても点数が取れるんだから。
でも実は勉強していないように見えて高得点の人は、
  • 授業を真剣に聞いている
  • これまでの知識の蓄積がある(これまでに勉強してきたため、基礎ができており、あまり勉強しなくても高得点を取れる)

という特徴があるということがわかり、羨ましく思うことはなくなりました。(授業をしっかりと聞いている人はあまりテスト勉強しなくても高得点が取れるようです。中には、授業中に先生の言ったことを丸暗記しているという人もいました。)

このことから、遺伝子や才能はあまり勉強に関係ないようです。

では一体どんな要素が勉強力に関係しているのでしょうか?

成績を上げるには、授業をしっかりと聞くことや、興味を持つこと、勉強をする習慣を作ること、復習をすること、勉強を楽しむこと、提出物にしっかりと取り組むこと、集中力、根性、気合い、体力などが必要となってきます。

 

本記事では、勉強の習慣化の大切さ、、すなわち勉強筋肉(勉強をするための体力づくり、筋肉づくり)を育むことの大切さについて記事にしました。

勉強の習慣化(勉強の筋肉を作ろう)

勉強だけではなく、様々な事柄で結果を残すために大切なのは適切な努力の習慣化です。

習慣化をもっと、噛み砕いて説明するならば、、

  • 何も意識しなくても、それが自然とできる
  • ルーティンワーク化する
  • それをやるのがキツくない(むしろ楽しい)
  • 行動を阻害する障壁がほぼゼロ
  • 継続して続けれる

このような状態になれたのであれば、取り組んでいる事柄は習慣化されていると言えるでしょう。

習慣化されている例をもっと身近なもので説明していくと、

  • 食事
  • お風呂
  • 睡眠

なども習慣化されているものの例です。

飯食うのしんど。寝るのしんど。お風呂しんど。
とはならないですよね。(なっていたら、、ちょっと気をつけましょうね。)
つまり習慣化とは、
取り組もうとする事柄が日常の一部となることです。それが当たり前になることです。
達成したい目標があるときに、それを達成するために必要な事柄を習慣化できれば無敵です。(まるでマリオがスターを持った状態みたく、最強になれます)
(出典:任天堂)
例えば、ダイエットをしようと決意したとして、ダイエットをするための取り組みが習慣化(当たり前になれば)すれば、ダイエットは成功するのです。
とは、言いつつ、
人は簡単に習慣化できないのです。(マリオもなかなかスターをゲットできません。)
では、どうすれば習慣化できるのか?どうすれば勉強の習慣を身につけれるのか?どうすれば勉強を習慣化して、成績をあげれるのか?
本ブログは塾ブログですので、勉強にフォーカスした習慣化の方法ついて解説します。

勉強筋肉の育て方

まず、勉強を習慣化するために必要なこととして、勉強をしても疲れない筋肉をつける必要があります。

  • 勉強をしても疲れない体づくり
  • 勉強を継続して続けられる体
  • 勉強をしてもあまり疲れない脳みそづくり
  • 勉強を継続して続けれる脳みそ

すなわち勉強をするための筋肉が十分に育まれていないと、勉強を習慣化することは難しいでしょう。

では、勉強の筋肉を作るためにはどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単

  • 毎日数十分でもいいから勉強をする
  • そしてそれを継続する

 

えっそんだけでいいんですか?勉強の筋肉を作るんだからもっとすごいことをしないといけないと思っていました。少し拍子抜けです。
そう、実は勉強の筋肉を作るのは先ほど書いたように、継続的に勉強するだけでのいいのです。
例えば、筋肉トレーニングをして、腹筋を鍛えたい場合、みなさんはどうしますか?
当たり前のように、毎日腹筋をすると思います。(筋肉には72時間の超回復期間があるため、毎日する必要はないが)
そうして気づいたら憧れのシックスパックになっている。
という現象が起こります。
勉強もそれと同じ。
毎日数十分でもいいから勉強をする。そうすることで勉強筋肉マッチョ(脳みそと体)になり、気づけば勉強をすることが習慣化しています。

勉強筋トレの方法(具体例)

ここでは、いくつか勉強の筋肉を増やす方法の具体例を提示します。どんなに忙しい中学生でも1日に30分の勉強時間は取れると思います。(30分と言わずに、一時間ほどはやってほしいですが、、)

寝る前の30分は学校のノートを見る。

寝る前の30分、、どうしてもインスタしてしまう。tiktok見てしまう。というそこのあなた、

スマホを置いて、授業のノートを見返しましょう。

夜寝る前に暗記しようとすると意外と記憶が定着しやすかったりしますよ。

一日30分インスタとTwitterを徘徊している時間を勉強に回す。

インスタ徘徊時間、twitter徘徊時間、youtube徘徊時間が1時間を超えている中学生のみなさん。

一時間のうち、30分を勉強に回しましょう。

教科書を読むだけでもよし。ノートを見るだけでもよし。問題を解くだけでもよし。

何かしら勉強をしましょう。

教育系youtuberの動画をみる。

最近、youtubeで学習する中学生が増えていますね。多くの教育系youtuberの方が非常にわかりやすく説明しています。ぜひ、見てみましょう。

 

朝学校に登校するまでの30分間を勉強にあてる。

朝学校に登校する前で30分。あなたは何をしていますか?遅刻ギリギリの時間に起きていませんか?

少し早起きして、勉強するだけで頭がスッキリするし、1日ポジティブに生活できます。(これは私だけですかね)

朝起きが苦手な中学生も朝勉にチャレンジしてみましょう。

アプリなどで学習する。

学習アプリもどんどん増えてきていますよね。スマホを開いてアプリで勉強する。

特に、隙間時間を有効に活用してアプリを使って学習するのがおすすめです。

 

授業開始の5分前に前回の授業の高速復習をする。

授業休憩の五分間。

ここに全てがかかっています。

この五分間を使って前回の授業を高速で復習しましょう。

  • あーこんなのやったやった

と思い出すだけでも後々の記憶の定着の仕方が変わってきます。

気づけば

勉強をすればするほど、勉強の筋肉はついてきます。そして、気づけば勉強をすることが当たり前(習慣)となっています。
毎日学習時間を確保するのもよし、隙間時間を利用して勉強するのもよし。
勉強することが当たり前になればあなたの勝ちです。
さあ、この記事を読み終えたら30分勉強しましょう。

 

エクサイズ
フォローお願いします。