注目キーワード
  1. 中学生
  2. 数学
  3. 英語
  4. 勉強法
  5. 理科
大牟田市・荒尾市発のネット学習塾

当ネット塾の使い方(効率的なネット学習塾の使い方とは?)

2020年のコロナパンデミックを経て、我々の生活は”人との社会的・物理的な距離”(social distancing) をとる生活へと一変しました。学校での授業や会議はオンライン化が進み、仕事も勉強もオンラインでするということが可能だということが証明されました。

塾もこれまで対面式でやっていたところもオンライン授業を導入するようになり、塾のオンライン化もかなり進みました。

 

北田塾はオンラインのみで完結する大牟田市・荒尾市発のネット学習塾です。”未来ある子供達の将来の選択肢を増やすサポートをする”をモットーに生徒たちが学習を習慣化し自立的に学習できる環境を提供するを第一目標とし、また第二目標を地元から可能な限り経済格差による教育格差を減らすとし、今年開塾しました。
youtubeを通して、または都市部ではオンライン塾に入塾する方が増えており、塾教育のあり方が少しずつ変わろうとしています。しかし、地方ではまだその動きは活性化しておりません。もちろん、徐々にですがその時代の流れがくるものの、その動きは遅いでしょう。
保護者様の声としては、
ネット学習塾って正直どうなんですか?
と感じる。それが正直なところでしょう。(対面式の学習塾みたいに建物が直に見えたり、先生の雰囲気が直にわかるわけではありません。)
まだまだ新しい教育形態であるネット学習塾だからこそ、なかなか入塾しにくい。
そこで、今回はネット塾運営者が当ネット塾の使い方について解説しました。
対面式の学習塾とネット塾への入塾、迷っている方の決断材料になればと思います。

① 学習モチベーターとして活用する

学習を習慣化するための前段階の時期はモチベーション(やる気)を維持することが非常に大切です。ダイエットや筋トレと同じで、行動が習慣化(苦を感じずにできるようになる)するためには、最低1~3ヶ月ほど要します。

ダイエットも筋トレも辛いのは最初の三ヶ月です。しかし、この期間行動を継続できれば、それが当たり前となり、水を飲むかのようにしてダイエットや筋トレに取り組むことができるようになります。

勉強も同じ。勉強がきつい・辛いと感じるのは、まだ学習が習慣化されていないから。

勉強を初めて、最初の三ヶ月間を乗り切ると勉強することが当たり前となってきます。

当塾では、ネット教室に入室して自習をすることができます。パソコン、スマホ、タブレットからネット教室にアクセスすると、何人かの生徒がすでに学習をしていて、先生が指導や学習コーチングをしています。

入室する生徒には、いくら自習であれ、必ず声かけをするようにしています。勉強を教えてくれる人がいる、そして勉強を頑張っている人たちがいる空間に自分も入って自習をすることで学習のモチベーションを維持することができます。

つまり、学習のモチベーターとしてネット塾を活用することができます。

技術, ラップトップ, キーボード, コンピュータ, ネットブック, カエデ

 

対面式の塾の場合は、席の数が決まっていて、自習ができない塾もありますが、オンラインなら関係ありません。クリックひとつでオンライン教室に入室できますからね。

②兼塾をして、苦手克服/補講目的で使う

進学塾の塾の進行は早い傾向にあります。全然理解していないのに、次へ次へ進んでいく。学校の授業も同様に、カリキュラムが決まっているため全ての生徒に合わせて授業することは難しい。
そのため、”わからない”、”理解できない”箇所が授業中に出てきて、授業についていくことが難しくなります。
当ネット塾では他の塾や英語教室などに通っている人に割引を適用しています。塾にしては、かなり格安(5000円)で指導を受けることができるということもあって、他の塾に通いながら、自分の苦手な科目をネット塾で受講することができます。
通常コースの料金は一ヶ月あたり8000円となっており、塾の料金に関しては格安です。
学校で理解できなかったところ、わからなかったところも徹底的に指導しますので、補講目的に当塾を利用することもできます。
子, 読書, 聖書, ベッド, アフリカ, 教育, 少年, 読み取り, 本

③効率的な勉強法、学習管理法を知りたい

当塾は、”未来ある子供達の将来の選択肢を増やすお手伝いをする”を第一目標に掲げています。
そのため、単に生徒の学習指導をするだけでは終わりません。参考書の使い方、単語帳の使い方、数学の勉強の仕方、解説書の使い方などを指導したり、コースによってはメンタルカウンセリングやコーチングなどもバシバシと行っています。(ここが他塾とは違う点ですね。)
塾は勉強を教える場、志望校に合格させる場と考えている人は多いですが、自分の将来の選択肢を増やす場所、選択肢の増やし方学ぶ場所、自分で自立的に物事に取り組むことができる能力を育む場所、色々な価値観に触れる場所でもあります。
勉強を教えるだけの塾、志望校に合格させるための塾という塾の役割やあり方はここ数年かけて、変化してくると思います。単にわからないところだけを知りたいのであれば、youtubeやstudyサプリを利用した方がはるかに効率がいいですし、家計の負担も少ないです。
では、今後どのような塾のあり方が望まれるのか?それは、生徒の将来の選択肢が広がるような情報を提供したり、勉強法や計画法の指導をしたり、生徒のメンタルケアをしたり、勉強を教える以外の役割を担うそんな塾の時代がくると感じています。
そんな塾に興味がある方はまずは、web面談をお申し込みください。
  • やる気のある生徒
  • 勉強法が知りたい生徒
  • 自立できる力を養いたい生徒

多くの未来ある若者の将来が花咲くために、当塾では徹底的な学習指導、勉強法指導、選択肢の情報提供を行っています。

ノートブック, ワークプ レース, デスク, Iphone, ライブラリ, 研究, 勉強, 学習, 教育

 

④純粋に成績を上げたい

当塾では、同じ参考書を繰り返す繰り返し学習と様々な問題に触れてパターンを使うパターン演習を行っています。そして、復習の大切さを徹底的に指導しています。

塾に通っても成績が伸びない生徒は、”復習をしない”、”塾テキストを進めるけど復習をしないから忘れる”などの問題点があげられます。どんなに早く予習をしても、内容を忘れてしまっては本末転倒です。

“勉強しても忘れてしまう”それを防止するためには、徹底的な復習が必要不可欠なのです。

冒頭にも書きましたが当塾では、同じ参考書を何周も何周もこなすことを徹底化することで、”勉強しても忘れる”という現象を可能な限り防止しています。

この”同じ参考書を何周もする”この学習法は大学受験にも生きていきます。他の参考書には浮気せずに、一つの参考書を徹底的に繰り返しましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございます。塾ブログでは定期的にお役に立てるような記事も投稿していきます。もし、よろしければ次回以降の記事も読んでみてください。

ネット学習塾
フォローお願いします。