注目キーワード
  1. 中学生
  2. 数学
  3. 英語
  4. 勉強法
  5. 理科
大牟田市・荒尾市発のネット学習塾

英語学習が続かない人必見[飽き性でも英語が上達した勉強法]

どーも。北田塾を運営している北田です。

塾を運営している者がこんなことをいってしまうのも、、おかしな話ですが、、私は非常に飽き性で典型的な三日坊主タイプです。

一般レベルの飽き性ではなくて、めちゃくちゃ飽き性なんです。

  • ダイエット続かない
  • 筋トレ続かない
  • 趣味続かない

初めて三日以上続いたものがほとんどないです。

英語勉強に限っていうと、

今となっては、

  • 英語で議論ができる
  • 英語で専門分野の話ができる
  • 洋書も読む
  • ニュースも見る
  • TOEIC900越え

ことができるようになってきましたが、、

英語の学習本を最後まで完璧に終わらせた経験がほとんどありません。(達成率10~20%)

それでも、上のことができるようになったのです。

本記事では、私の英語勉強法の失敗経験談と飽き性でも続く英語勉強法について解説しました。

ものの数分で読めます。

私の英語学習法失敗談

ここから先を読めば私の飽き性具合がわかります。

文法書を成し遂げた経験一回だけ

私はこれまで完璧に英語の文法書を成し遂げた経験がありません。

英語塾に通っていた頃に使っていた山口英文法という文法書だけなんとか何周かできました。

ただ、英語塾で強制的に勉強させられていたからこの英文法書は達成できたのです。

その証拠に、

  • 一億人の英文法
  • 一億人の英文法問題集
  • grammar in US

は数ページしか進めていません。

日本人は英文法が得意だと言われますが、私はどちらかというと苦手です。

単語帳達成率50%

これまで購入してきた語帳は

  • パスたん英検準一級
  • パスたん英検一級
  • データベース3000(学校で使用)
  • DUO3.0
  • TOEIC黒の単語帳
  • 速読速聴英単語上級編
  • オクスフォードピクチャーディクショナリー
  • アルクのボキャブラリーマラソン

です。

その中で完全にクリアできたのは

  1. パス単準一級
  2. DUO3.0
  3. データベース3000

です。

パス単は英検を受験するときに、DUO3.0は英語塾で使用知っていた教材だったので覚えました。

データベース3000は学校で使用していた英単語帳ですので、自ら覚えたのではなく覚えさせられたのです。

自ら購入した単語帳でクリアしたものはほとんどありません。

中途半端で終わった教材は、

  • 速読速聴英単語
  • 黒のフレーズ
  • アルクのボキャブラリーマラソン

です。

そのほかの教材は撃滅しました。

撃沈するたびに、

もう単語帳は買わない
と誓っていましたが、買ってました。

発音教材

発音は、

  • 英語耳
  • 〇〇フォニックス
  • American accent training
  • Dr. English

にこれまで挑戦したことがあります。

ちゃんと続いたのは英語耳だけです。

精読や音読

高三の途中から、大学一年生の秋くらいまで精読や音読に挑戦していました。

それなりに効果は感じていたものの、同じ教材を繰り返し、繰り返し音読するものですから、飽きてしまい、それ以降はほとんどやっていません。

特に精読に関していうと、、ほとんど続けることができませんでした。

効果がある学習法と飽きない学習法は別だなと実感しました。

暗唱系全般

英文を何も見ずにスラスラと口から出す英文暗唱。

何度か試しましたが、全くづつきませんでした。

というか、、あまり楽しくなった。

参考書に飽きていたという気づき

なんで英語の学習が続かないんだろう?
と何年間も一人悶々としていました。
英語学習者の中には、
一つの教材をブンブン回せる人がいる中で、
私は全くできませんでしたから。
でも英語が嫌いというわけではなく、むしろ大好きなんです。
それでも同じ参考書を続けることができない。
続けることができない原因を分析する中で一つの結論に辿り着くことができました。
あ、、俺は英語に飽きているんじゃなくて、参考書に飽きていたんだ。
英語に飽きることと、参考書に飽きることは全く別問題です。
英語の学習に意欲があるのに、一つの参考書を続けることができない人は私のように参考書に飽きている可能性が非常に高い。

 

飽きない勉強法

ネット社会ですから、誰でも簡単に効果の高い英語学習法を知ることができます。

でも、続けることができる英語学習法と効果が高い英語学習法は全く違います。

効率の高い英語学習法という言葉に唆されて、いざ実践するものの、それを続けることができなければ全く意味がありません。

英語を爆発的に状態するためには学習効果が高く、かつあなたが続けることのできる英語学習法を採用しなければなりません。

これから私と相性の合った勉強を紹介していきます。

ですがそれがあなたとの相性がいいのかはわからないので鵜呑みにしないでくださいね。

参考までに読んでください。

多読

多読は数多くある英語学習法の中で私が最も大好きな英語学習法です。

多読とは、英語の記事や英字新聞、洋書を多量に読む英語学習法です。

 

私は飽き性のため、上に書いた英語学習法は全く続きませんでした。
しかし、多読の場合、毎回リーディングマテリアルが変わるため全く飽きません。洋書を読んだり、雑誌を読んだり、ときにはmangaを読んだり。
毎度読み物が変わる多読は、参考書に飽きるということは一切ありません。時々、洋書や記事との相性が悪く読むのをやめてしまうこともありますが、そのようなことはほとんどありません。
今では、海外の民間資格会社の講座に申し込んで、講座を受講したりしています。
参考書に飽きてしまう方におすすめの英語学習法です。

リスニング系全般

飽き性の私でもリスニングの勉強は飽きませんでした。

  • ディクテーション
  • オーバーラッピング
  • シャドーイング

一つのリスニングマテリアルに対して、ディクテーションをして、オーバーラッピングをして、シャドーイングをする。

  • 単語学習
  • 精読・音読
  • 暗唱
  • 文法

学習と比べて、リスニング学習との相性がよかったのでしょう。

あと、オーバーラッピングやシャドーイングをする際に感情を込めて、そしてなりきってやっていました。

最近は、youtubeをみたり、ニュースをみたり、イングリッシュジャーナルを聞いたり、

隙間時間でリスニングの練習をすることが多くなりました。

友達とおしゃべり

元々話すことが大好き人間なので、英語でたくさん話すことも好きでした。

ですから、国際交流のイベント、留学生のチューター、英語で話す機会があればいつでもどこでも話すようにしていました。

語学留学

これまで2回フィリピンに語学留学に行きました。留学中はモチベーションが高いので、それなりに勉強をすることができました。

日本での英語勉強に飽きたら、一旦海外に行ってみるのもいいかもしれません。

 

 

まずは相性を見極めましょう

英語学習法において大切なことは、その学習法があなた似合うかどうか。
よーし、この英語学習法で英語を極めてやる。
なんて意気込んで始めても、相性が合わなければその学習法は続きません。
モチベーションが高かった分だけ、続けられなかったことに落胆して、英語学習自体のモチベーションがゼロになってきます。
やる気のある大人のイラスト
から、
やる気のない大人のイラスト
この状態になってしまいますよ。
まずは、軽い気持ちで英語学習を始めましょう。
やめてもいいやー
という楽な気持ちで初めてみると、案外長続きするものですし、もしその学習法が合わなければやめて次の学習法に進みましょう。
英語の学習は浮気するくらいがちょうどいいです。
何か疑問点や質問したいことがある場合はコメント欄にお書きください。
ここまでお読みいただきありがとうございました。
フォローお願いします。